Posted by at

2008年08月08日

ゆっくり好機を待つ事が大事

ユーザーに警告!

と驚かれた方も多いかもしれませんが・・・・済みません(汗!)



DreamCatcherを使用していると、毎日次から次へと買い頃の銘柄を教えてくれます。

これも欲しい、あれも欲しいとならない様に注意が必要です。


DCの別ウインドーに表示される「推奨銘柄一覧」には連日50〜100の銘柄表示されますが、この中から毎日1銘柄を捜して、買い付けていると月間20銘柄も購入する事になり、資金は何億円あっても足りません(笑)


そこで、タイトル「ゆっくり好機を待つ」ことが大事となって来ます。
好機を待つのというのは、通常とは使い方がちょっとDCでは違います。

本当に条件に合う(ユーザー向けに発行している勝利の5つの秘訣に合致する)銘柄を、じっくり捜す事が最も大事です。


私は初めてDCを実践で使用した時、いい銘柄を探し当てる迄に3週間もかかりました。
資金50万円で開始しましたから、いい銘柄が一つ見つかればいいのですから、1日無かったからと悲観する事はないのですよ。

10%確実に取れそうな銘柄をじっくり、納得できるチャートの銘柄を捜す事が大事です。
月間3銘柄程度を売買する個人投資家では、週に1銘柄が見つかればいいのではないでしょうか!
基本に忠実に!ということですね。


参考になったら ↓ クリックしてね!
投資ブログランキングバナー

  


Posted by ヒロシ at 15:27Comments(0)使用ソフトの解説